« 『びーぐる』33号に 「『世界』の感触と動因ー解体を解体する『武器』をつかむために黒田喜夫を読む」 を書いています。 | メイン | 『現代詩手帖』11月号に「現在の空虚に放電する荒々しい鉱脈」を書いています »

2016年10月25日 (火)

11月11日-12日、京都で開催される「疑問形の希望」プロジェクト第一回にぜひご参加下さい。

来たる11月11日-12日の2日間、
アートイベント「疑問形の希望」の第一回が、京都で開催されます。

これは韓国のキュレーター文裕眞さんが企画した、画期的な日韓交流アートプロジェクトです。

このプロジェクトの基軸となるのは、なんと「詩」です。

「疑問形の希望」というテーマは、2014年に出た作家徐京植さんの著書『詩の力』(高文研)から引き出されたもの。

この「疑問形の希望」というテーマを軸に、韓国と日本の若いアーティストたちが『詩の力』を読み、本に収録されている詩や文章または文献を、各自の方式で再解釈し、制作として解くという、大変刺激的なプロジェクトです。

今回の京都でのキックオフイベントを皮切りにし、2018年までソウルと京都を行き来し、展示、パフォーマンス、出版などの形で持続させることを、現在計画しています。2018年までの3年間にわたり、プロジェクトの形と方向性を維持させウェブサイトも継続的にアップデートされていきます。

光栄にも私もゲストとして、両日参加することになりました。12日は、パク・ジョンホンさんの白磁の石を磨く、観客参加型のパフォーマンスの中で、PolarMさん(今月10月の京都αステーションのスプラッシュブレイクとして新作「DANCE」が繰り返し流れています)の即興音楽と共に尹東柱「序詩」と斉藤貢「汝は、塵なれぱ」を朗読します。11日も、詩の力について今自分が考えていることを、語りたいと思っています。

詳しくは、公式HP をご覧下さい。
(サイト内で参加申し込みが出来るようになっています。)

画期的なプロジェクトに、多くの方々が参加されることを願っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/468473/33982913

11月11日-12日、京都で開催される「疑問形の希望」プロジェクト第一回にぜひご参加下さい。を参照しているブログ:

フォトアルバム

リンク

ウェブページ